07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本試験その後5

2010年09月21日
試験後、イロイロ考えました。頭の中でモヤモヤとなっているものは3つ。


1 来年再受験するかどうか?再受験するとすれば、今年と同じ意気込みでするか?勉強時間を減らして継続するか?

2 仕事をどうするか?面白くない&長時間拘束される。出来れば辞めたい。受験と関係なく、出来れば辞めたい(笑)。

3 日本を脱出したい。海外旅行に行きたい。


3連休で、おおまかな計画立てました。

悩みの中心は、海外旅行です。

私以上に、日頃頑張っている、妻に配慮することにしました。

イロイロ考えた末、来年の夏休み、しばらく行けていなかった海外に行く事にしました。

現在、羽田発着で魅力的なロケーションは、バンコクかシンガポール(ANAのまわし者ではありませんヨ)。

決めました、来年の夏休みは、家族4人で海外に行っていきます!

そして、再受験するか、諦めるかどうするか悩んでいた社労士試験をどうするかです。

結論から言うと



















受けるつもりです。

でも、貴重な夏休みは、海外旅行に充てることにしたのです。

しかも、試験後の月末は、妻が休みを取れないので、試験直前に行くことにしました(・・・ただのアホ)。

勉強ですが、どのようなスタンスで挑むか、次回以降で書きます。

とりあえず、試験日からそのままになっているテキスト類を、鞄から出すことから再スタートです。




以上


未分類

本試験その後4

2010年09月16日
(ことし合格したかった理由の続き)

私が今年どうしても合格したかった最大の理由に、父親の存在があります。

私は地方に住んでいます(都道府県名はナイショ)。

地方に住んでいて、感じる事の1つに地縁、血縁の力の大きさがあります。

父親が現役でいるうちに、合格してすぐに資格を生かしたいと思っていたのです。

現在65歳。まだ、現役で働いています。本人は67歳ぐらいで自ら、身を引くと言っています。

前任者の方が70歳になっても、父親の職についていたらいしのですが、半分頭がボケていたのだそうです。

そうはなりたくないと思った父親は67歳になったら、自分から身を引こうと考えたのだそうです。

実務経験もない私が、合格して、社労士資格を活かして道を切り開いていくには、使えるものは何でも使うつもりでした。

今年合格して、最大限に活用しようと思っていました。

でも、それも今年の不合格によって絵に描いた餅になりました。

数年前、父親に社労士資格を取得しようと考えていることを伝えると、「はぁ?」みたいな反応が返ってきたことがあります。

「取るのは勝手だけど、そんなもの取ってどうする気なんだよ。」と言ったのです。

そんな父親も受験回数を重ねる私(涙)をみて、「資格は取っておいた方がイイ」と言うようになりました。

今年の試験結果は気になっていた様です。

妻には「あいつが社労士になったときのためにウンヌン」とも言っていたそうです。

別居しているのもあり、父親とあまり話はしません。

妻が今年の試験結果を伝えました。

がっかりしていたそうです。

今年仮に合格していれば、来年社労士として登録出来たのです。

そうすれば、あの人の息子さんとして、スタートをきれたのです。

でも、それも不可能となりました。勤め人は引退したら、ただの人です。

実務経験もない私が、勉強して社労士資格を取得出来たとしても、資格を活かせる道はあるのでしょうか?とか考えながら、生活してます。

取得後の青写真を描いて、張り切って勉強する事はもうないのだろうと思います。

来年も受験するとすれば、合格してケジメをつけるという感じになるかもしれません。

ポチっと拍手くださる方、ありがとうございます。

コメント頂いたアナタのおかげで、ここまで頑張る事ができました。ありがとうございました♪



以上



次回、本試験その後5は「閉塞感につつまれた、現在の私」の予定です(笑)。


未分類

本試験その後3

2010年09月12日
本試験が終わって、約3週間ですね。

イロイロ振り返りたいと思います。

これから書く事については、読んで下さる方の反感も買う事があるかと思います。ご了承ください。

【今年、受かりたかった理由】

30を超え数年経ち、今妻と2人の子供と暮らしています。

私の給料だけでは、満足な生活が出来ないこともあり、妻に働いてもらっています。

子供の事を考えると、私が働いて妻が家庭にいればイイと思うようになってきました。

ウチでは、お金の管理は妻にすべて任せています。

会社では給与明細が手渡しされるのではなく、欲しい人だけ印刷するので、正確な額もよく把握していませんし、あまり額に興味もありません。

サラリーですが、私の給料だけでは毎月赤字になるそうです。

今のままの昇給ペースでは、妻が働かなくては生活出来ません。出来たとしても、生活レベルを相当落さなくてはいけなくなります(落しても生活できないかもしれない)。

私は社労士試験に合格して、すぐに収入が増えると思って受験したのではありません(そこまでアホではないのです)。

ですが、5年、10年の長いスパンで資格を活かして収入を増やしてやろうとは考えていました。

ですので、今年の試験結果には、相当やられたのです。

いずれ妻が働かなくて良くなったり、パート程度で済むぐらいにと考えていたのです。

妻もずっと、今の会社で働きたくはないそうです。

子供が小さいうちは専業主婦で、大きくなったら再び働くという選択も考えました。

一度辞めてしまうと今の収入を得る事が出来なくなるので、子供に寂しい思いをさせてでも、まだ妻は継続して働いているのです。

-----------------------------------------------------------------


私の母親は私が小さいころから、結婚相手は仕事をもったヒトにしろ!と呪文のように言っていました。

ですから、私は子供が出来るまで、夫婦共働きが一番イイのだと思っていました。

ですので、結婚相手は比較的大きな会社のOLである、現在の妻であれば悪くはなかろうと思って結婚したのも1つあります。

妻の会社では、女性は結婚しても、子供を出産しても本人の希望で仕事は続けられます。

私は妻に何でも話をします。

ちゃんとした仕事をしているヒトだから結婚するというのも、当然のごとく言いました。

それが結婚した全てでもないのですが、それを聞いて妻は気分が相当、悪かったようです。

「あー、情けないオトコ」という表情でした。すぐに口にも出しました(笑)。

ですが、実際子供が生まれて、子供の気持ちを考えると、妻には家にいてほしいと思うようになりました。

人間的に少し成長したのです(笑)。

そして、いずれは1人の給料で生活して行くだけの経済力を持つための、最初のステップが社労士試験だったのです。

本試験その後4に続く

今後の試験をどうするかはまだ決めかねています。勉強しても、また選択式試験でやられるのではないか?と言う気持ち等イロイロあるからです。


以上







未分類

本試験その後2

2010年09月09日
そろそろ、試験疲れも取れてよいころかなぁと思うのですが、まだ疲労が抜けてません。

仕事が忙しいのもあります。

取りあえず、ブログに残しておこうと思った事だけ、簡単にUPしたいと思いました。

【試験後の妻について】

選択式で0点を取ったことを告げると、顔色が変わりました。ショックだったのです。

私は結果を出す事が出来ず、申し訳なく思いました。

共働きの妻には、イロイロ協力してもらっていたのです。

しかし翌日から、「早く0点だった事をブログにUPしろ!」とせかされ始めました。

UPするまで、何回も0点の結果を、まだブログに書かないのかとせかされました。

私はオトコです。UPするのが恥ずかしいのではなく、UPする元気が無かっただけなのです。

ようやくブログに向き合える気力が出て、0点の結果をブログに先日UPしたのですが、UPしたことを妻に告げると



「ホントに書いたんだ。ハズカシー。」と満面の笑みで言いました(T_T)。


(その2)

夏休みに家族で遠出していないので、秋の3連休に東京にでも行こうか?と家族で話し合いました。「キッザニアに行きたい。」と小2の娘が言うのです。

「じゃあ、秋にキッザニアでも」と話がまとまりかけたところで、妻は私に向かってこう言いました。

妻 「現地集合で。」

私 「・・・?」

妻 「あなたは夜行バスで。落ちたんだから、飛行機に乗る資格ないッ。」

私 「・・・(マジですか?)。」

こんな感じの良く出来た妻なのです。

あと、ブログに書いたら面白いと思った妻の言動がイロイロありました。

【ブログについて】

一年間ブログをやってきて、本当に良かったと思います。通信で勉強していた私にとって、多くの刺激をいただけたのが、すごく良かったなぁと。

会社にナイショでの受験ですので、会社の人間が見ても個人、会社名が特定できない範囲で記事を書いていました。

ある意味特殊な仕事ですので、同じ会社の人が見るとすぐ分かります。ですので、思った事をブログに書けないもどかしさがありました。

ですので、コレが最後のブログUPになります。

皆さま、今まで本当にありがとうございました。





お元気で。さようなら。






















ウソです\(^o^)/。

元気がでたら、また記事UPさせてください。

アナタのおかげでこのブログは成り立っているようなものです。コレを見ているア・ナ・タです。

テンプレート変えようかと迷っています。このテンプレートだと記事が読みにくいと思われた方は教えていただけたらと幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

以上





未分類

本試験その後

2010年09月04日
仕事量が多く、残暑が厳しい中での外回りに相当参っています。

ヘコんでいる一番の原因は、試験がダメだったことです。

試験結果を知った妻は、相当ショックを受けていました。今年は合格すると思っていたのです。

試験当日を少し振り返ってみたいと思います。

【体調不良について】

前泊して、試験に臨む。

試験前々日からカゼの兆候が出ていたが、気合で乗り切れると思っていた。

試験当日、目が覚めると全身が痛かったので、マズイなと思ったがホテルに解熱剤がなく、薬を飲む事ができなかった。

選択式試験の最後は、イスに座っているのも辛かった。昼休みにようやく、医務室で解熱剤をゲット出来た。

午後の択一式試験は体が軽くなった。でも、2時30分には薬が切れはじめ、満足に見直しも出来なかった。

択一試験が終了して、1年の成果を確認したかったので、択一試験の答え合わせだけすぐにしたいと思った。

【試験を受けての所感】

試験は体調を整えて受けること重要。試験前一週間、仕事を休めた事もあり、こんなチャンスはないと思って勉強しまくった。

蓄積した疲労が限界を超え、試験日を普通に向かえる事が出来なかった。

1年目、2年目の受験ならいざ知らず、3回を超える受験の場合は、試験前一週間の詰め込みは、逆に悪いのかもしれないと感じた。

択一式の勉強=選択式の勉強になる。しかし、これは知識を頭に詰め込むことであって、それを解答に繋げるには、別の訓練が必要。頭の使う部分が違う。と改めて感じた・・・。

選択式試験は80分間、頭を極限まで働かせないといけないので、体調不良は致命的。

来年、体調を整えて試験に臨んでも、必ず合格出来るとはいえない。

選択式試験は仮にベストな状態でも、私にはキビシイ問題だったと思った。

今回の受験失敗で、落ちグセがついてしまった。

来年同じように勉強してダメだった場合、こんな気持ちになるのはイヤ。あと、勉強時間も今の仕事を続ける限り、満足に取れない。

択一で落ちない知識を維持するようにして、勉強時間を減らして、受験を継続する。運がよかったら、合格するというスタンスで試験に挑み、あと3回ぐらいの受験で合格を目指すのも、アリなのかとイロイロ考えています。

ですので、今後のことはホント未定なのです。

【試験結果】

選択式   22点(0点科目アリ)
択一式   51点(4点未達ナシ、よく頑張った&華々しく散った(笑)  


PS コメントをくださったアナタ様、ありがとうございました。合格おめでとうございます。

本試験結果
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。