05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スキーと温泉

2010年02月28日
泊まりでスキーに行ってきました(スキーやってる場合じゃないんですが・・・)。

娘が行きたがっていましたので、仕方なくです(温泉もあるし)。
でも、久しぶりに滑りましたので「スカッと」しました(気分はバンクーバーです)。
最近、スキーやスノーボードをする人も少なくなりましたねぇ。休日なのにリフト待ちゼロでした。
私はボードもしてました。今はスキーが多いです。

           
                 
1.jpg
           娘と2人でペアリフトです。


土曜無勉です。今日も今までゼロ。
勉強道具持っていったのですが、ホテルのロビーは寒くて出来ませんでした。

こんなんで受かるんでしょうか?

いまから、チョットでもやります。



わたしの庶民的な生活

3点セットの毎日です・・・。

2010年02月11日
依然として3点セット中です。

しんどいなぁ。勉強してたらつかれるなぁ。

といった感じで地味に勉強しております。

頑張って引き続き3点セットやります。

----------------------------------------------

私には小1の娘がいます。

小学館の月刊誌【小学1年生】を愛読してます。

2010021115340000.jpg

この雑誌には毎号、子供が欲しがるおもちゃの懸賞があります。

この懸賞は自分の希望する商品を子供が選択して応募するのです。

ウチの娘は何度出してもなかなか当たらなかったようです。

応募していた事も私は知りませんでした。

でも、ついに当たりました。それも人気商品です。

私も妻もびっくりしました。自分の娘に「クジ運」があるのかと思うと嬉しくなりました。

でも、あたったのは「クジ運」だけではなかったようです。

「あたれ。」「いっかいもあたらない。」と娘は応募はがきに、こっそり書いていたのだそうです(これは妻も知らなかったようです)。

うーん。今回の当選は「くじ運」だけでなく、ハガキをセレクトする側の意図もあったのですかね~?

クジ当選以外の娘のとっておきの「おもしろい話」があったので、この記事を書き始めたのですが、事情によりUPできなくなりました(T_T)。

UPはここまでです。

残念だなぁ・・・。

以上






わたしの庶民的な生活

土曜の外食

2010年01月16日
我が家は外食をよくする方です。

今日は、インドカレーのおいしい店でカレーを食べてきました。

独特の香辛料を使ったカレーはクセになります。
 
私は長男を連れて先に車に戻っていました。

会計を済ませた妻が車に戻ると

「女の子2人組がこっちをジロジロ見ていた。」と言いました。

私 「オレのこと知ってる人かな?」

妻 「違うわよ。20代前半だったから。」

私 (・・・20代前半の女性2人組み?)「えっ、見逃した~。可愛かった?」

妻 「うーん、ショップの店員みたいな感じ。」



私 「・・・ハウスマヌカンか。」

妻 (冷めた声で)「・・・あなたいくつ?」

私 「・・・。」

妻 「ハウスマヌカンって、昔の浅野温子じゃあるまいし・・・。」

私 「ハ、ハウスマヌカンは・・・。ハウスマヌカンは昔はあこがれの職業だったんだぞぉ~~。」
                
妻と娘(小1)「ギャハハハハハ。」

と言う事が先程ありました。・・・それだけのブログ更新です。

皆様、寒い日が続きますのでどうぞ暖かくしてお過ごしください。

PS おかげ様で長女は「書き初め」で金賞ゲットしてまいりました。「褒めること」が教育上、とても良いと思いますので「褒め殺し」にしたいと思います。



わたしの庶民的な生活

とりあえず書いてこい!

2010年01月07日
私には「小一の娘」がいます。

習い事は「ピアノ」と「絵」と「水泳」に通い、チャレンジ(進研ゼミの小学校版のこと)をしています。

「お習字」はしてません。

明日、学校に行きたくないそうです。「書き初め」があるからだそうです。

社労士試験はキライな科目があっても受けなくてはいけません。書き初めも書かないと始まらないのです。

励まそうと私がいいました。

「テキトーに書いてこりゃいいんだよ。」

娘「・・・」(腑に落ちてないようです。)

すぐに私は言い直しました。

「アイ・ラブユーと書いてこい!・・・先生に叱られるけど。」

娘「ギャハハハハ!」(乗ってきたようです(笑)。)

「アイ・ラブユー」と書いたら恐らく先生は怒ると思います。

でもそれは「建て前」「クラスの体裁を保つため」に怒っているのであって、本気で怒っているものではないのです。

娘にそれを理解しろ!というのは酷でしょうか?

娘は世間の「ホンネと建て前」に気づいてもいい年頃なのでは?と私は考えたりしています。

ちなみに妻はあきれた顔して私を見ています(たまに「やめてくれ」とか言います)。

娘は頑張って、明日学校行くそうです。

どんな字で書いてくるのでしょうか?・・・楽しみです。




「アイ・ラブユー」で再提出を命ぜられたら「○○先生、だーい好き!」と書いて返却する「気概」を娘に身につけてほしいと思ったりしてます。





わたしの庶民的な生活 | コメント(3) | トラックバック(0)

我が家の神棚

2009年12月30日


年の初めを迎えるにあたって、お神札を新しくおまつりすることができました。


一家の主として、家族の健康をお祈りしました。


今年は長男が元気に誕生しました。それだけで大変幸福なことでした。


それなのに、日々の生活に追われ「感謝」の気持ちすら忘れておりました。


おまつりを終え、とても心穏やかなになりました。


大御神さまの広大なお蔭をいただいき、災いを祓い、希望にみちた明るい一年を迎えたいと思います。


神棚へのおまつりとお供えは私の毎年の仕事です。




皆様もよいお年をお迎えください。



わたしの庶民的な生活 | コメント(5) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。