07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

とりあえず書いてこい!

2010年01月07日
私には「小一の娘」がいます。

習い事は「ピアノ」と「絵」と「水泳」に通い、チャレンジ(進研ゼミの小学校版のこと)をしています。

「お習字」はしてません。

明日、学校に行きたくないそうです。「書き初め」があるからだそうです。

社労士試験はキライな科目があっても受けなくてはいけません。書き初めも書かないと始まらないのです。

励まそうと私がいいました。

「テキトーに書いてこりゃいいんだよ。」

娘「・・・」(腑に落ちてないようです。)

すぐに私は言い直しました。

「アイ・ラブユーと書いてこい!・・・先生に叱られるけど。」

娘「ギャハハハハ!」(乗ってきたようです(笑)。)

「アイ・ラブユー」と書いたら恐らく先生は怒ると思います。

でもそれは「建て前」「クラスの体裁を保つため」に怒っているのであって、本気で怒っているものではないのです。

娘にそれを理解しろ!というのは酷でしょうか?

娘は世間の「ホンネと建て前」に気づいてもいい年頃なのでは?と私は考えたりしています。

ちなみに妻はあきれた顔して私を見ています(たまに「やめてくれ」とか言います)。

娘は頑張って、明日学校行くそうです。

どんな字で書いてくるのでしょうか?・・・楽しみです。




「アイ・ラブユー」で再提出を命ぜられたら「○○先生、だーい好き!」と書いて返却する「気概」を娘に身につけてほしいと思ったりしてます。





スポンサーサイト
わたしの庶民的な生活 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
良いですねぇ そのお応え^^
「アイラブユーと書いて来い」と言えるお父さんは素敵です。

ちなみにお習字大好きです。
書道をずっと習ってましたから^^
でも美術の時間は嫌いでした。
そんな風に好き嫌いが言える頃って良いですね。
大人になるとなかなかそうはいきません。

嫌なことと好きなことを上手に乗り切れるようになれれば良いですね。
でも機転のきくお父さんの子どもさんだから大丈夫(*^^)v
とりあえず。
こんにちは!

書初めしたくないとおっしゃるお嬢さまに、
「アイラプユーと書いて来い」
っておっしゃるプーチンどんさま、素敵です♪
それで書こうという気になったお嬢さまはもっと素敵(笑)♪
どんな字を書かれるのでしょうね。
続編、楽しみにしています。

ちなみにわたし、中学校だったかの書初め大会で、
「臨機応変」「他力本願」「満願成就」
この3部作で、審査員特別賞をゲットしました(笑)。

↑、わたしの座右の銘でございます。わはははは。

プーチンどんさま、こんなワタクシですが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Re: No title
>春さん。こんにちは。
「気転のきくお父さんの子どもさんだから大丈夫」←ありがとうございます♪
この記事を書いたとき、周りのブロガー様方は勉強に関する事を記事にされており、内容も素晴らしいものでした。UPしたとき「書かなきゃよかったー。」と相当反省してたのです。春さんにコメントいただき救われました(ホッ)。

春さんの毛筆の字とても綺麗そうですね(*^^)v私は年賀状のあて名がキレイな自筆だったりすると、「おおっ!」と思ってしまいます。
PS どうやら筆で書くんじゃないみたいです。小1の書き初めは「黒クレヨンの太いタイプ(なんていうのか知りません。)」で書いてるみたいです。

>naoさん、こんにちは。
「臨機応変」「他力本願」「満願成就」ってnaoさんのブログでも座右の銘に書いてありましたよね。「審査員特別賞」というのがGOODですね(*^^)v 

育休中の妻は社労士ブログを見ているそうですが、naoさんのブログは社労士ネタばかりじゃないので妻も「おもしろい!」んだそうです。年始のワイン事件は私も楽しませていただいたのですが、妻も(爆)だったそうです。「文書お上手だわ。」って言ってました。naoさんのお人柄が面白い出来事を呼んでいるんだと思います。

こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします(^.^)/~~~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。