07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本試験振り返り 厚年問4A○ 

2009年09月19日
 
正答率50%以上で間違えたものから復習しています。

その中でも厚年の問4(正答率62% IDE参照)は設問肢ごとに、いろいろ考えさ
れました。まずはAの肢です。

A 社会保険庁長官は、納入の告知をした保険料額又は納付した保険料額が当該
  納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知ったときは、そのこえている
  部分に関する納入の告知又は納付を、その納入の告知又は納付の日の翌日から
  6カ月以内の期日に納付されるべき保険料について、納期を繰り上げてしたものと
  みなすことができるが、その場合にはその旨を当該納付義務者に通知しなければ
  ならない。       
  
  正解 ○  自分の答え △× 

  この問題は平16問2Dの焼き直しです(IDE過去問NO268、テキスト該当P246)。
  
  私がこの問題(平16問2D)で押さえていた論点は「納付した日の翌日から、と6
  か月の数字」でした。平16問2Dでは「納付した日から起算して」として×の設問にして
  います。しかし、試験当日私は○とすることはできませんでした。というのは文末
  に「その場合にはその旨を当該納付義務者に通知しなければならない。」が付け加え
  られていたからです。それをみたとたん頭の中で「納付義務者に通知しなければなら
  ない等の論点ってなかったハズだ。」と思い△×にしてしまいました。

  私はテキストの通読をしませんでした(1回もです)。テキストは問題演習で不明な点
  があれば振り返る程度に使用しました。テキストの通読の重要性はよく言われていま
  すが、膨大な量のテキストの読み方が分からず、テキスト読みをおろそかにしていま
  した。・・・実は今でもどうメリハリを付けて読んでいけばいいかよく分かっていません。
  しかし、この設問のテキスト該当P246では、過去問(平16問2D)箇所のすぐ2行下
  に「社会保険庁長官は、その旨を当該納付義務者に通知しなければならない。」と
  記載されていました。過去問の前後部分だけでも注意して読んでおく必要がありま
  した。

  テキストの通読することと、通読の仕方は来年の勉強にむけて重要なテーマです。
  
  テキストの過去問出題部分の周辺部分も目を通す必要があると井出先生もおっしゃ
  っていた記憶があります。
  
  メリハリをつけたテキストの通読の仕方は今もよくわかっていませんが、周辺部分を
  目を通すことの意味はこの設問Aで知ることができました。


  
  
  



スポンサーサイト
IDE教材・勉強全般 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。