07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最終模試を終えて

2010年07月25日
IDE最終模試受験結果。

選択29(44333543) 
択一47(7947488)

【IDE最終模試までにこなしたアウトプット】

1 過去問1回転+復習。
2 答練選択問題全科目(解いただけ。見直し出来ず)。

これだけです。

過去問1回転目の正答率はとても低く、一度復習しただけでは足りず、横断的に見直ししないといけないと感じました。
でも、横断的に見直しする前にIDE最終模試がやってきてしまう。。。といった状況。

【模試の感想】
過去問の焼き直し問題には反応できるものがありましたが、法改正問題に全く反応できませんでした(特に労基法)。これは法改正ゼミの巻末問題を一度も解かずに、模試に挑んだことに原因がありそうです。

【過去問アウトプット1回転目の感想】
とくに年金科目の障害が苦手です。併合認定だの、旧法の2級だの、その他障害だのとくると、からきしダメです。インプット期には理解できていたはずの部分ですので、再度押さえ直しが必要です。コレをおさえないと正答率が8割を超える事も難しい。。。

ですので、1回転目の正答率が一番低かったのは、厚生年金です。有効問題330肢のうち、83肢で不正解でした。

横断的に弱い部分も年金科目が一番多いです。「支給する。」この支給するは受給権が発生すると言う意味だとか、その辺が整理できておりません。

あと、過去問全般で出てくる「被保険者となるべきものの2分の1以上」だの、「議長以外の委員の半数以上」とかも、押さえることが出来てません。あやふやです。その辺の「言葉じりの違い」は科目ごとの整理が必要そうです。

机の上での学習は、当面は最終模試の付け合わせします。

IDEの中間模試は自宅に未開封のまま置いてあります(もう、8月です。いつ解くのでしょうか)。

答練も選択問題をといただけで、択一問題はおろか、選択問題の答え合わせもしていない状況です。

要するに今「がけっぷち」なのです。

以上
スポンサーサイト
未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。