12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

とりあえず書いてこい!

2010年01月07日
私には「小一の娘」がいます。

習い事は「ピアノ」と「絵」と「水泳」に通い、チャレンジ(進研ゼミの小学校版のこと)をしています。

「お習字」はしてません。

明日、学校に行きたくないそうです。「書き初め」があるからだそうです。

社労士試験はキライな科目があっても受けなくてはいけません。書き初めも書かないと始まらないのです。

励まそうと私がいいました。

「テキトーに書いてこりゃいいんだよ。」

娘「・・・」(腑に落ちてないようです。)

すぐに私は言い直しました。

「アイ・ラブユーと書いてこい!・・・先生に叱られるけど。」

娘「ギャハハハハ!」(乗ってきたようです(笑)。)

「アイ・ラブユー」と書いたら恐らく先生は怒ると思います。

でもそれは「建て前」「クラスの体裁を保つため」に怒っているのであって、本気で怒っているものではないのです。

娘にそれを理解しろ!というのは酷でしょうか?

娘は世間の「ホンネと建て前」に気づいてもいい年頃なのでは?と私は考えたりしています。

ちなみに妻はあきれた顔して私を見ています(たまに「やめてくれ」とか言います)。

娘は頑張って、明日学校行くそうです。

どんな字で書いてくるのでしょうか?・・・楽しみです。




「アイ・ラブユー」で再提出を命ぜられたら「○○先生、だーい好き!」と書いて返却する「気概」を娘に身につけてほしいと思ったりしてます。





スポンサーサイト
わたしの庶民的な生活 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。