10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マーカーの赤と青

2009年11月13日
IDE塾では過去問付け合わせで、赤と青のブロットとマーカーを入れるよう指導されます。
○は赤、×は青。
私はプロットするときは、塾の指導どおり○は赤、×は青にしてます。

マーカーも○は赤、×は青です。
でも問題によってマーカーは×の設問肢でも赤のマーカーにしようかと考えています。

理由はテキストを通読、速読したとき、赤は正しい、青は間違えと認識しながら読めると思うからです。

例えば、労基法の企画業務型裁量労働制は届け出が要件です。ですから、届け出部分に赤マーカーを入れます。赤イコール正解の論点と認識することで通読するときより良くなる気がします。


CIMG6189+(2)_convert_20091113225949.jpg

ちなみに、今年(09)は×の設問はブロット、マーカーとも青にしました。。
来年度は×の設問肢でも、正解の論点は○と認識したいので、赤マーカーを入れていく予定です。通読したとき、一目で赤は○、青は×を認識しながら読むためです。


今年からは消えるマーカーを使ってます(フリクション)。良いです。
ボールペンも同じフリクションを使ってプロットしてるのですがコッチは手で触ると薄くなりますので、通常のボールペンにチェンジするかもしれません。

どうでもいいことですが、付け合わせの時、マーカーのキャップはハズしたままにしてるでしょうか。それとも一回ごとにキャップをしてるのでしょうか?・・・かなり、本気で気になってます(?_?)

勉強の進捗は、労基法テキストプロットのみ済(これからマーカー)。CD1回目、DISC6まで聴き終わりました。

「自分はできる。必ず出来る。」   ・・・・・・・いつも、そう自分に言い聞かせるとイイようですよ♪。

 
スポンサーサイト
IDE教材・勉強全般 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。